トップページ ≫ 不動産の豆知識

不動産の豆知識 その34

地方の工務店とは個性的な注文住宅を扱っている地元のハウスメーカーのことです。
施主の希望を柔軟に取り入れた家作りはもちろん、土地の環境や立地条件を十分に活かした住まいの環境を行っています。
家を建てることは多くの人にとって一生に一度の大きな買い物です。
それだけに後悔しないよう妥協せずに理想の家作りを目指したいものですが、そのためにはまず希望を実現してくれるハウスメーカーや工務店と出会う必要があります。
どうしても信頼性や実績を重視すると知名度に勝る大手ハウスメーカーを選んでしまいがちですが、このハウスメーカーでは大手にはないさまざまな魅力やメリットを備えた家作りの提案を行っています。
年間数百棟も手がける大手ハウスメーカーに比べ、一般的な工務店が1年間に手がける家は数棟程度。
規模の点では比較になりませんが、その代わりひとつひとつの仕事を非常に丁寧に時間をかけて手がけており、希望や理想など合わせた柔軟な設計も可能です。
そんな地方の工務店の家作りの基本理念のひとつに「キューブ」を基本とした合理的な家作りにあります。
この工務店では建物の構造をキューブ(四角い箱)を基本としています。
構造がシンプルな分耐久性に優れている上。
要請の公立が非常に高く、リフォームしやすい、さらに工事のコストも関わらす費用を節約できるといったメリットがあるからです。
最小限のコストで最大限のメリットを得る、注文住宅の重要なテーマのひとつをこの理念によって実現しています。
それからダイニングの充実。
オープンキッチンを基本プランにしており、解放感ある環境化で家族全員が日々の生活の中で交流できる空間づくりを行っています。
さらに快適な環境のため床下排気の換気扇を用意しており、頭上の解放感を確保するなどの工夫も見られます。
よい家に徹底的にこだわりたい、そんな人に適したプランを提案してくれる工務店です。
注文住宅を建てたいと考えている方はぜひ地元の個性ある工務店をチェックしてみてはいかがでしょうか。